工場の効率を大幅にアップさせた樹脂ブッシュ

main-img

ブッシュというのは筒状の部品などにはめ込み、隙間を埋める役割をしたり、緩衝材として働いたりします。

素材には様々なものが使われていますが、現在多く使われているのは樹脂を使用したもので、樹脂ブッシュと呼ばれています。



金属製のブッシュだと一つ一つの部品に対して正確な寸法で作成しなければなりません。


特注となるのでコストがかかります。
さらには潤滑油が必要で、毎日メンテナンスをしなければなりません。



潤滑油が固まり、機械がストップしてしまうなどのトラブルも発生します。

樹脂ブッシュはこれらの問題を一気に解決しました。

まずは柔軟性が高いので、あらゆる箇所に適用できます。



潤滑油を必要としないので、その分のコストとメンテナンスの手間が省けます。また金属製は摩擦による劣化が起こるので、頻繁に交換が必要でしたが、樹脂ブッシュは摩擦にも強く、寿命も長期間になって交換頻度が大きく下がりました。樹脂ブッシュは軽いので、機械へかかる負担も小さくなるというのも重要なポイントです。

長年の研究によって開発された樹脂ブッシュはとても優秀で、多くの工場で樹脂製の物への交換が行われています。

大体の寸法があっていればよいので、細かい調整をすることなく交換できる手軽さも評判の一つです。
工場を止める時間が減ったため、稼働率が上がり、生産性も大きく上がりました。

目立たない小さな部品ですが、与える影響はとても大きく絶対に欠かせない部品です。

ゴムワッシャーの特徴紹介

subpage01

ボルトで機器や部品を固定する際に、その固定性や機能性を高める為にボルトとナットの間に挿入するものが、ワッシャーです。一般的なネジ締め等では金属製のワッシャーが使用されますが、用途によってはゴムワッシャーも頻繁に利用されます。...

more

ゴムワッシャーの身に付けたい知識

subpage02

ゴムワッシャーは、弾力のあるゴム素材から出来ているワッシャーで、ゴムの弾力性を利用すればボルトを締め付けることでナットとの間の機密を保つことができる特徴があります。こうした気密を確保することができれば、水の侵入を防いだり、空気の侵入を防ぐ上でも使うことが可能です。...

more

ゴムワッシャーの基礎知識

subpage03

ゴムワッシャーとは、合成ゴムから形成されたワッシャーであり、一般的なワッシャーと同様に、ネジやボルトの頭部の直下に配置されて使用されます。ゴムという素材の特徴として、優れた防振性や耐震性が発揮される点が最大の利点です。...

more

ゴムワッシャーの学びたい知識

subpage04

ゴムワッシャーは和名を座金と書き、ボルトとナットを締める時に使う板状の部品です。通常はナットの下に入れて、各部材と固着具との間を円滑にさせませす。...

more